2013年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

フィギュアスケート ソチオリンピック日本代表決定っ(^^)/

今日の 鈴木明子さんの演技も 素晴らしかったっ


20:鈴木明子(邦和スポーツランド)
鈴木明子(邦和スポーツランド)の演技がスタート。SPは2位。
白の新衣装で登場。冒頭、トリプルフリップからの3連続は高さのあるジャンプ。続くダブルアクセル-トリプルトゥループ、トリプルルッツも着氷。中盤のステップでは拍手が起こる。演技後半、トリプルフリップを着氷し、トリプルループもこらえる。さらにトリプルサルコウのコンビネーションも着氷。スピード感たっぷりのコレオシークエンスから、最後のトリプルサルコウも降りてガッツポーズ。最後はためを作って余韻たっぷりにフィニッシュ。場内は総立ちになり、力強くこぶしを握って感極まった表情を見せた。
フリー144.99点、合計215.18点。金メダル


魂が揺さぶられる 胸が熱くなる これぞ鈴木明子さんのスケート

さて 日本代表は
女子
鈴木明子さん
浅田真央ちゃん
村上佳菜子ちゃん

男子
羽生結弦くん
町田樹さん
高橋大輔さん

高橋大輔かっ ん~~~ 高橋大輔だなっ



真央2度目の五輪へ、男子代表には羽生、町田、高橋が選出=フィギュア
スポーツナビ 12月23日(月)21時43分配信

日本スケート連盟は23日、来年2月に開催されるソチ五輪の日本代表選手を発表した。男子シングルは羽生結弦(ANA)、町田樹(関西大学)、高橋大輔(関西大大学院)、女子シングルは鈴木明子(邦和スポーツランド)、浅田真央(中京大学)、村上佳菜子(中京大)のそれぞれ3人が代表入りした。また、アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(木下クラブ)が代表。ペアは、高橋成美、木原龍一組(木下クラブ)が団体戦メンバーとして選ばれた。

<フィギュアスケート・ソチ五輪代表メンバー>
■男子
・羽生結弦(ANA) 初出場
・町田樹(関西大) 初出場
・高橋大輔(関西大大学院) 3大会連続3度目 ※06年トリノ五輪8位、10年バンクーバー五輪銅メダル

■女子
・鈴木明子(邦和スポーツランド) 2大会連続2度目 ※10年バンクーバー五輪8位
・浅田真央(中京大) 2大会連続2度目 ※10年バンクーバー五輪銀メダル
・村上佳菜子(中京大) 初出場

■アイスダンス
・キャシー・リード、クリス・リード組(木下クラブ) 五輪2大会連続2度目 ※10年バンクーバー五輪17位

■ペア(団体戦)
・高橋成美、木原龍一組(木下クラブ) 初出場

スポンサーサイト

フィギュアスケート 全日本選手権・男子FS 速報⑧

最終滑走の 小塚崇彦さんが滑り終えて


24:小塚崇彦(トヨタ自動車)
最終滑走・小塚崇彦の演技がスタート。SPは90.70点で3位。
冒頭の4回転トゥループはオーバーターン、続くトリプルアクセルはきれいな着氷。トリプルルッツからの3連続も決める。軽やかにステップを踏み、2つ目のトリプルアクセルもコンビネーションで着氷。トリプルフリップ、トリプルサルコウも続けて着氷。終盤のトリプルルッツで転倒するが、最後のダブルアクセルはコンビネーションで決めた。1つミスがあったが最後まで演技をまとめ、やりきった表情。


ここにきて 小塚崇彦さんのスケートが戻ってきましたね
そして 3位 表彰台か・・・

個人的には 織田さんに オリンピック選考に残って欲しかったな・・・

結果は
WS000099.jpg
羽生くん 優勝 大会2連覇 そしてソチ代表決定 おめでとうっ
インタビューでも 冷静な羽生くん 貫禄が出てきましたねっ

涙の 高橋大輔さん 見てて辛かったな・・・

フィギュアスケート 全日本選手権・男子FS 速報⑦

町田樹さんが 滑り終えました


23:町田樹(関西大)
町田樹の演技がスタート。SPは好演技を見せ93.22点で2位。
冒頭の4回転トゥループはこらえながら着氷。続く4回転トゥループも着氷し、ダブルトゥループにつなげた。トリプルアクセル-トリプルトゥループもきれいに着氷。力強くステップを踏み、演技後半へ。
2つ目のトリプルアクセルもきれいに着氷。トリプルループ、トリプルルッツも着氷。さらにトリプルフリップからの3連続、トリプルサルコウも着氷し、ジャンプをすべて決めた。コレオシークエンスの途中でややつまずいたが、大きなミスなく演じきった。演技後は表情を崩さず、自分の好演技をかみしめているように見える。
フリーの得点は183.82点、SP、フリーの合計277.04点で暫定2位。


今年の 町田樹さんは 強いっ
高橋大輔さんの後で 何か 世代交代を感じさせる滑りでした

フィギュアスケート 全日本選手権・男子FS 速報⑥

高橋大輔さんの演技が終わりました



22:高橋大輔(関西大)
高橋大輔の演技がスタート。SPは82.57点で4位。
大歓声の中、スタートポジションへ。
冒頭、4回転トゥループは転倒。続けて4回転挑んだが、回転が足りず両足着氷。トリプルアクセルは着氷した。ステップでは静止の場面で歓声。
演技後半、2つ目のトリプルアクセルは片手を付いたがコンビネーションにつなげる。トリプルルッツは無理せずダブルの3連続に。トリプルループは回転が開いてしまい着氷が乱れる。トリプルサルコウ、トリプルフリップは着氷した。怪我の影響の中、果敢に2度の4回転にチャレンジしたが、クリーンな演技にならず。フィニッシュでは何か悟ったような、悲しそうな笑顔を見せた。また、エッジで手を切ったか、右手から血を流している。
リーの得点は170.24点、SP、フリーの合計252.81点で暫定3位。


演技途中に 手に血が滲んでいましたが
演技も 血が滲んでいるような 思いの深い演技でした
やはり 高橋大輔の表現力は すごいっ
会場の空気を 高橋大輔 一色にもっていきました

フィギュアスケート 全日本選手権・男子FS 速報⑤

織田信成さんの演技が終わって


21:織田信成(関西大)
織田信成の演技がスタート。SPは77.72点で5位。
冒頭、4回転トゥループでバランスを崩しかけるが、こらえてトリプルトゥループをつける。続く4回転は3回転に。トリプルアクセル-ダブルトゥループはきれいに着氷。ステップを丁寧に踏み、演技後半へ。
トリプルアクセルをきれいに着氷し、トリプルルッツとトリプルサルコウの3連続も決める。トリプルフリップもきれいに着氷。トリプルループもこらえ、最後はダブルアクセルに変更して落ち着いて決めた。4回転が1つ入らなかったが、ほとんどミスのないクリーンな演技でスタンディングオベーションを誘った。フィニッシュでは笑顔。
フリーの得点は178.75点、SP、フリーの合計256.47点で暫定2位。


フリーで 快心の笑顔が見れたのがよかったっ
やはり 織田さんには 笑顔のスケートが似合うわぁ
高得点 これを高橋選手と 小塚選手が どう追うのかっ

フィギュアスケート 全日本選手権・男子FS 速報④

羽生くんの演技が終わって


19:羽生 結弦(ANA)
131222_fig_hanyu01_600.jpg
羽生結弦の演技がスタート。SPは103.10点で大差のトップ。
冒頭、4回転サルコウは転倒、4回転トゥループはこらえ気味だが着氷。トリプルフリップはきれいに降りた。ステップ、スピンをこなし、スローパートでしっとりみせながら演技後半へ。
トリプルアクセル-トリプルトゥループ、トリプルアクセル-ダブルトゥループ、トリプルループ、トリプルルッツとサルコウの3連続、そして単独のルッツと、得点源のジャンプをすべて着氷させた。
緊張感が伝わる演技で今回も4回転サルコウは決まらなかったが、後半立て直して演技をまとめた。
フリーの得点は194.70点、SP、フリーの合計297.80点で暫定トップ。


WS000101.jpg WS000102.jpg
WS000100.jpg
(毎日新聞 貝塚太一さん撮影)


期待の 4回転サルコウは ソチまで持ち越しですが
グランプリファイナルのフリーより 力強さを感じましたっ

その後 すぐに 宇野昌磨くんの演技が始まって


20:宇野昌磨(中京大中京高)
131222_9456_600.jpg
宇野昌磨の演技がスタート。SPは72.15点で6位。
曲は「Steps」。冒頭、トリプルアクセルに挑戦も転倒。続くトリプルルッツ、トリプルループは流れのある着氷。スピンでは柔軟性を見せる。後半、トリプルループのコンビネーション、トリプルフリップのコンビネーション、単独のトリプルフリップときれいに着氷すると、ダブルアクセル-トリプルトゥループ-ダブルトゥループもきれいに降りる。終盤は変形イーグルをもりこんだシークエンスで魅せ、最後のトリプルサルコウもきれいに決めた。五輪代表争いの緊張感の中、唯一のジュニアだったが、雰囲気に飲まれることなくできることやりきりガッツポーズ。精神力の強さを見せた。
フリーの得点は144.34点、SP、フリーの合計216.49点で暫定3位。


ベテラン勢の狭間で 最終滑走で 見事な表現力っ
なんとも これからが楽しみな選手です
点数が出てからの 山田コーチに頭を押されて ありがとうを言う様子なんて
なんとも 微笑ましい

フィギュアスケート 全日本選手権・男子FS 速報③

テレビでは 第3グループ 16番滑走の佐々木彰生さんの演技が終わりました
この人ぐらいでしょうね 観客席から 「ひゃぁ~」という歓声がもれるのは

ライブでも ただいま 18番滑走の無良 崇人さんの演技が始まるので
男子フリーは 生中継でやるんでしょうか
やりますなっ フジテレビ

とすると 羽生くんの演技も 生中継で見れるかもっ
やはり ライブが一番だわぁ~

フィギュアスケート 全日本選手権・男子FS 速報②

テレビの女子のショートの演技が終わりましたっ
村上佳菜子ちゃんと 鈴木明子さんの演技
終わった後は 胸が熱くなる 涙がこみ上げてくる いいショートでしたっ

さて 男子は第3グループ 14番滑走の 中村健人さんの演技中
21:42~ 最終滑走の1番手で 羽生くんが滑ります
テレビでも やっと 男子フリーの放送が始まりますっ
ドキドキします

ソチに向けて 羽生くんのスケート 楽しみ

フィギュアスケート 全日本選手権・男子FS 速報①

テレビの放送がやっと始まって
今は 女子ショート 第4グループ 24番滑走の 今井遥さんの演技中
最終グループは もうそろそろっ

男子FSの滑走順は
第3グループ 20:47~
13:田中刑事(倉敷芸術科学大) SP71.78点
4T/3A+2T/3F+3T/StSq/FCCoSp/3A/3S+2T+2Lo/3Lz/CSSp/3F/3Lo/ChSq/CCoSp
14:中村健人(立教大) SP69.16点
3A+3T/4T/3Lo/StSq/CSSp/3A/3F/3Lz+2T+2T/3S+2T/FCSp/3Lz/ChSq/CCoSp
15:坪井遥司(岡山大) SP67.22点
3F+2T+2Lo/3A+2T/3S/StSq/FCSSp/3A/3Lz+2T/3S/3Lz/2A/CCoSp/ChSq/FCCoSp
16:佐々木彰生(明治大) SP65.73点
3A/3Lz+3T/3A+2T/StSq/CCoSp/3Lo/3Lz+2T+2Lo/CSSp/3S+2T/3F/3Lz/ChSq
17:山本草太(邦和SC) SP65.90点
3A/3Lz+3T/FSSp/3F+2T/FCCoSp/2A+1Lo+3S/3Lo/3Lz/3F/StSq/3T/ChSq/CCoSp
18:無良崇人(岡山国際スケートリンク) SP71.25点
4T+3T/3Lz/3A/CCSp/3Lo/3A+2T/StSq/3F/CCoSp/3Lz+2T/3S/FSSp/ChSq

最終グループ 21:42~
19:羽生結弦(ANA) SP103.10点
4S/4T/3F/StSq/CCoSp/3A+3T/3A+2T/3Lo/3Lz+1Lo+3S/3Lz/ChSq/FCSSp/CCoSp
20:宇野昌磨(中京大中京高) SP72.15点
3A/3Lz/3Lo/FCSp/CSSp/StSq/3Lo+2T/3F+2T/3F/2A+3T+2T/ChSq/3S/CCoSp
21:織田信成(関西大) SP77.72点
4T+3T/4T/3A+2T/StSq/FSSp/3A/3Lz+1Lo+3S/3Lo/3Lz/3F/FCCoSp/ChSq/CCoSp
22:高橋大輔(関西大) SP82.57点
4T/4T+2T/3A/StSq/FSSp/3A+2T+2Lo/3Lz+3T/3Lo/3F/3S/FCCoSp/ChSq/CCoSp
23:町田樹(関西大) SP93.22点
4T+2T/4T/3A+3T/FSSp/StSq/3A/CCSp/3Lo/3Lz/3F+2T+2Lo/3S/ChSq/CCoSp
24:小塚崇彦(トヨタ自動車) SP90.70点
4T/3A+3T/3Lz+2T/FCCoSp/StSq/3A/FSSp/3Lz/ChSq/3F/3Lo/3S/FCCoSp

現在 第2グループの演技が始まったとこみたいです
最終グループ 最後まで 目が離せませんっ

フィギュアスケート 全日本選手権・女子SP 速報③

村上佳菜子ちゃんの演技は


29:村上佳菜子(中京大)
村上佳菜子の演技がスタート。
今季、GPシリーズは中国杯4位、ロシア杯7位。不調からの巻き返しを狙う。
曲を2季前の「バイオリン・ミューズ」に変更。冒頭、トリプルトゥループ-トリプルトゥループを着氷。後半に入り、トリプルフリップも着氷。さらにダブルアクセルも降りた。緊張感からかやや慎重に見えたが、感情のこもった演技でミスなく滑りきった。フィニッシュ後は感極まって涙をこらえきれず。場内は総立ちになった。
得点は67.42点で暫定2位。キスアンドクライでコーチと抱き合っている。


村上佳菜子ちゃん ここにきて 調子戻しましたねっ
やっぱり こうじゃなくっちゃ

鈴木明子さんの演技は


30:鈴木明子(邦和スポーツランド)
最終滑走、鈴木明子の演技がスタート。大歓声に迎えられてスタートポジションへ。
今季GPシリーズは、スケートカナダ2位、NHK杯3位。
冒頭、トリプルトゥループ-トリプルトゥループを着氷。ファーストジャンプでやや勢いがなくなったが、3回転につなげた。続くトリプルフリップもきれいな着氷。後半のダブルアクセルもきれいに着氷し、大歓声。会場を見事に自分の世界に引き込み、スピンの途中から拍手がとまらず。村上に続いて場内は総立ちになり、うれしそうに力強く両手でガッツポーズを見せた。
得点は70.19点。参考記録ながら、初めて70点台に乗せ、2位につけた。


お~~ ブラボォ~ やはり こうこなくっちゃ

女子ショートの結果は
WS000098.jpg
あ~~~~ 早く見たいっ

18:35~ 男子フリーが始まります
こちらは ソチに向けて 大混戦で・・・
羽生くん ソチに向けて 今度こそ4回転サルコウを決めてっ

フィギュアスケート 全日本選手権・女子SP 速報②

真央ちゃんが滑り終えて


26:浅田真央(中京大)
浅田真央の演技がスタート。今季、GPシリーズ2戦2勝。GPファイナル優勝。
冒頭、トリプルアクセルはこらえながら片足で着氷。続くトリプルフリップはすこし勢いがなかったが着氷。後半のトリプルループ-ダブルループも着氷。ステップでは伸びのあるスケーティングでいつもどおりしっとりと演じ、フィニッシュでは納得したような笑顔。
直前の練習で一度もトリプルアクセルを試せずに終わったが、演技をまとめた。リンクには大量の花が投げ込まれている。
得点は73.01点で暫定トップ。


あ~~~~ 真央ちゃんの演技 早く見たいっ 見たいっ 見たいっ
サザエさんじゃなくっ

フィギュアスケート 全日本選手権・女子SP 速報①

フィギュアスケート 全日本選手権 女子SPが14:20から始まってますが
そろそろ 最終グループの演技が始まりましたっ

これまでの 暫定順位は
WS000096.jpg

ん~~~~ 大注目の最終グループですっ

安藤美紀さんの演技が終わって


25:安藤美姫(新横浜プリンスFSC)
安藤美姫の演技がスタート。
今季、出産を経て復帰。関東選手権優勝、東日本選手権2位で全日本出場権をつかんだ。優勝した2010年以来、3季ぶりに全日本の舞台に帰ってきた。
冒頭、トリプルトゥループ-トリプルトゥループを着氷。続くトリプルルッツも余裕のある着氷。中盤のダブルアクセルも着氷した。体をいっぱいに使って「マイウェイ」の壮大なメロディーを表現、地方大会から勝ち上がってここ一番にコンディションを合わせてきた。フィニッシュでは満面の笑顔でうれしそうに両手で顔を覆った。場内はスタンディングオベーション。
得点は64.87点で暫定2位。


このあと 目が離せませんっ
26:浅田真央(中京大)3A/3F/CCoSp/FCSp/3Lo+2Lo/StSq/LSp
27:森衣吹(中京大中京高)3F/3S+2T/FSSp/2A/CCoSp/StSq/LSp
28:友滝佳子(岡山理大附高)3Lo+2T/3F/CCoSp/StSq/2A/FSSp/LSp
29:村上佳菜子(中京大)3T+3T/CCoSp/FSSp/3F/2A/StSq/LSp
30:鈴木明子(邦和スポーツランド)3T+3T/3F/FCSp/LSp/2A/StSq/CCoSp

というより サザエさんとちびまるこちゃん中止して 生中継して欲しい・・・

フィギュアスケート 全日本選手権・男子SP 速報⑥

ショートプログラム終わりました


27:小塚崇彦(トヨタ自動車)
小塚崇彦(トヨタ自動車)の演技がスタート。
今季はスケートアメリカ6位、中国杯3位。
冒頭、4回転トゥループはオーバーターンに。続くトリプルアクセルはきれいに着氷。後半のトリプルルッツがオーバーターンになったが、トリプルトゥループに何とかつなげた。最後までスピードに乗った演技を見せたが、クリーンな演技にはならず。しかし、崩れることなくまとめきった。
得点は90.70点で暫定3位。


結果は
WS000095.jpg
ん~~~ 明日のフリーでどうなるのか 楽しみ
1位から5位まで ずらーっとベテラン勢が並ぶ中
6位につけてる 宇野くんは 楽しみな選手ですねっ

それよりなにより 羽生くん ショートの100点超え おめでとう

フィギュアスケート 全日本選手権・男子SP 速報⑤

高橋大輔さんが 滑り終えました


26:高橋大輔(関西大)
大歓声に迎えられ、高橋大輔(関西大)の演技がスタート。
冒頭、4回転トゥループは両足着氷。続くトリプルアクセルはきれいに降りたように見えたが、エッジがすべり転倒。後半のトリプルルッツ-トリプルトゥループは着氷し大歓声。最後のスピンでややバランスを崩した。けがの影響が心配される中、所々にミスが出て慎重に見えたが、スケーティングや表現では場内を魅了した。
得点は82.57点で暫定3位。


羽生くんが 103.10点をたたき出した後の滑りで
やはり 王者 高橋大輔っ 点数がどうのこうのじゃなく 華があるわぁ~
フリーで 高橋大輔の滑りを 思いっきり魅せてほしい

フィギュアスケート 全日本選手権・男子SP 速報④

羽生くんの演技 終わりました


25:羽生結弦(ANA)
羽生結弦(ANA)の演技がスタート。
131221_fig_m_hanyu01.jpg
2週前のグランプリファイナルで初優勝し、連覇を狙う。
冒頭、4回転トゥループをきれいに着氷。スピンを確実にこなし、後半のトリプルアクセルも流れのある着氷。続くトリプルルッツでやや前傾になるが、苦もなくトリプルトゥループにつなげた。あとは手拍子に合わせてステップで見せる。安定感のある演技で場内は総立ち。本人は表情を崩さないまま、余韻に浸っている。
得点は103.10点、暫定首位。


それにしても 滑る前に 余裕の微笑みを見せていましたが
滑りだしたら 貫禄の滑り 余裕の滑り
103.10は 圧巻っっ
ソチに向けて まだまだ まだまだ さらなる進化を感じさせる演技
すごすぎるっ

フィギュアスケート 全日本選手権・男子SP 速報③

最終グループの6分間練習がスタートっ

しかし 埼玉スーパーアリーナはの観客数は 圧巻ですねっ
テレビで 引いた映像を見るとギョっ
緊張しますわなぁ~

この中で これぞ町田樹という滑りを ばしっと決めたのはスゴイっ
気持ちが入ってますねっ ファンではないけど 今日の滑りには見入りました

それにしても 朝日新聞とか テレビ朝日とか
全日本選手権に向けた 羽生くんの取り上げ方が 少なすぎるんじゃないっ
と思うのは あたしだけっ
羽生くんには さらに さらに ソチに向けて進化したショートの滑りを 期待っ

ん~~~ 高橋大輔さん どうなるでしょうねっ 踏ん張って欲しいなぁ
大ちゃんファンではないけれど 高橋選手がいないと なんか 華が・・・

現在3位の 宇野 昌磨くんにも 注目なんですよっ これからが楽しみ

フィギュアスケート 全日本選手権・男子SP 速報②

織田信成さんが 滑り終えました


21:織田信成(関西大)
織田信成(関西大)の演技がスタート。
今季はスケートカナダ3位、NHK杯2位、GPファイナル3位と、出場大会すべてで表彰台に乗っている。
冒頭、4回転トゥループは回転が抜けて3回転に。続くトリプルアクセルはきれいな着氷。後半のトリプルルッツにダブルトゥループをつけてリカバリーした。場内の手拍子に押されて笑顔でステップを踏む。ミスを最大限補う演技を見せたが、練習時の好調が演技に出ず、表情は曇っている。
得点は77.72点で暫定2位。


ショートで 織田さんの快心の滑りと笑顔が見れなかったのが残念
明日のフリーで 巻き返してほしいっ

フィギュアスケート 全日本選手権・男子SP 速報①

ちょっと 夕食の準備とかしている間に・・・
町田くんは 滑り終わっていた


18:町田樹(関西大)
町田樹(関西大)の演技がスタート。今季はGP大会2連勝、GPファイナルでは4位。
冒頭、4回転トゥループ-トリプルトゥループを着氷。続けてトリプルアクセルもきれいに着氷。
中盤のスピンも丁寧にこなし、後半のトリプルルッツをきれいに着氷すると、場内は大歓声。ステップも情感たっぷりに演じ、クリーンな演技。最後のスピンから拍手がなりやまず、場内は総立ちになった。
フィニッシュでは力強くガッツポーズを見せ、感極まったように両手で顔を覆った。
得点は93.22点で暫定トップ。

19:無良崇人(岡山国際スケートリンク)
無良崇人(岡山国際スケートリンク)の演技がスタート。
今季GPはスケートカナダ10位、NHK杯6位。
冒頭、4回転トゥループはステップアウトし両手をつく。続くトリプルアクセルは高さがあり、きれいな着氷。トリプルルッツはステップアウトしてコンビネーションにできず。ステップでは手拍子に押されてスピード感たっぷりに演じたが、大きなミスが2つ出てしまった。


町田くんが 93.22ですかっ
やはり 今年の町田くんは 何かが違いますね
これで 明日のフリーを迎えたら・・・



フィギュアスケート 全日本選手権・男子SP 速報①

フィギュアスケート 全日本選手権・男子SP 16:45スタート

ついに 始まりましたっ
ドキドキしますねっ 
羽生くんのショート ソチに向けた さらなる仕上がりも楽しみですが
高橋大輔さん 足の不調をねじ伏せて 本領発揮なるか・・・ とか
大舞台になると ここというとこで力が出しきれない 町田くんは・・・ とか
織田信成さんには 最後の集大成で ソチに行って欲しいな・・・ とか

滑走順・演技構成予定は
第1グループ
1.日野龍樹(中京大)3A/3Lz+3T/CCSp/3Lo/FSSp/StSq/CCoSp
2.田中刑事(倉敷芸術科学大)3A/3F+3T/CCSp/3Lo/FSSp/StSq/CCoSp
3.本田太一(関西大学中・高スケート部)3T+3T/3F/CCSp/2A/FSSp/StSq/CCoSp
4.野添紘介(明治大)3Lz+2T/3A/CCSp/3Lo/FSSp/StSq/CCoSp
5.多田野康太(名古屋大)3S+2T/3T/2A/CCoSp/FCSp/StSq/CSSp
第2グループ
6.吉野晃平(関西大)3F/3Lz+2T/FCSp/2A/CSSp/StSq/CCoSp
7.山本草太(邦和SC)3Lz+3T/2A/FSSp/CCSp/3F/StSq/CCoSp
8.橋爪峻也(中京大)3T+3T/3S/FCSp/CSSp/2A/StSq/CCoSp
9.近藤琢哉(慶應義塾大)3Lz+3T/3Lo/FCSp/CSSp/2A/StSq/CCoSp
10.玉田裕也(京都アクアリーナSC)3T+2T/3S/FSSp/2A/CCoSp/StSq/CCSp
11.宇野昌磨(中京大中京高)3F+3T/2A/CCSp/3Lo/FSSp/StSq/CCoSp
第3グループ
12.則松亮(福岡大)3T+2T/3S/CCSp/2A/CCoSp/StSq/FSSp
13.近藤眞樹(関西学院大)3S+2T/2A/CSSp/FCSp/StSq/3T/CCoSp
14.江口涼一(中京大)3S+2T/3T/CCoSp/StSq/2A/FCSp/CSSp
15.山本拓海(関西学院大)3T+3T/3F/2A/CSSp/StSq/CCoSp/FCSp
16.杉中建人(大阪スケート倶楽部)2A/3S+2T/CCoSp/3T/FCSp/StSq/CSSp
17.友野一希(上野芝スケートクラブ)3F+2T/FSSp/3S/CCSp/StSq/2A/CCoSp
第4グループ
18.町田樹(関西大)4T/3A/CCSp/FSSp/3Lz+3T/StSq/CCoSp
19.無良崇人(岡山国際スケートリンク)4T/3A/CCoSp/3Lz+3T/CCSp/StSq/FSSp
20.村上大介(陽進堂)4S/3A/CSSp/3Lz+3T/FCSp/StSq/CCoSp
21.織田信成(関西大)4T+3T/3A/FSSp/3Lz/CCSp/StSq/CCoSp
22.山田耕新(関西大)3F+3T/3Lz/CCoSp/2A/FUSp/StSq/CSSp
23.中村健人(立教大)3F+3T/3A/FCSp/StSq/3Lz/CSSp/CCoSp
第5グループ
24.磯崎大介(同志社大学F)3Lz+2T/3Lo/CSSp/FCSp/StSq/2A/CCoSp
25.羽生結弦(ANA)4T/FCSp/CSSp/3A/3Lz+3T/StSq/CCoSp
26.高橋大輔(関西大)4T/CCSp/3A/FSSp/3Lz+3T/StSq/CCoSp
27.小塚崇彦(トヨタ自動車)4T/3A/CCSp/CCoSp/3Lz+3T/FSSp/StSq
28.坪井遥司(岡山大)3F+3T/3A/FUSp/3Lz/CCoSp/StSq/CSSp
29.佐々木彰生(明治大)3A/3Lz+3T/CSSp/StSq/3F/FCSp/CCoSp

で ただいま 第1グループ 第5滑走の 多田野康太さんが演技中

テレビでは フジテレビ19:00~20:54 男子ショートプログラム 生中継
たぶん 第4グループ 第5グループは 生で演技が見れるはずっ

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 感動っ^m^

グランプリファイナル 男子フリー
見事っ 羽生くんが 金メダルです 感動っっ

なのに 仕事の飲み会のせいで ライブで感動を味わえなかった 悔しさったらクヤシイデスッ
気を取り直して 関連の記事 集めまくってみました


スポーツナビ
WS000094_20131207001831896.jpg
6:羽生結弦(日本)
131206_fig_mf_hanyu2.jpg
羽生結弦(日本)が登場。SPは99.84点。曲目はニーノ・ロータ 映画『ロミオとジュリエット』より。
冒頭で決めたかった4回転サルコウだが、軸がぶれて転倒。しかし、続く4回転トゥループをきれいに着氷して挽回。3回転フリップを降り、情念のこもったステップとフットチェンジスピンでは拍手が起きる。
中盤に入りトリプルアクセル-3回転トゥループ、さらにトリプルアクセル-2回転トゥループと2連続のコンビネーションジャンプを決める。3回転ループとつなげ、3回転ルッツ-1回転ループ-3回転サルコウも着氷。最後のジャンプの3回転ルッツもきれいに決めると、エンディングへ向かってさらにスケーティングに気持ちを決める羽生。最後はやや疲れが見えたが、場内からは大きな拍手が送られ、「ありがとうございました!」と満足の表情を浮かべてキスアンドクライへ。
FS得点は自己ベストの193.41点(技術点102.03点、演技構成点92.38点、減点1.00点)。
SP、FSの合計も自己ベストを30点近く更新する293.25点!
羽生がGPファイナル初優勝を決めた。

■終盤に疲れ「久しぶりに動けないなと」 スコアは「期待点」
「本当に一生懸命やろうと考えていました。サルコウの前はいろいろなことを考えていて、どうやったら跳べるか、どういったことを注意するかそういうことばかり考えていたんです。ただあまりにも多くのことを考え過ぎていたので、だからこそトゥループは一生懸命頑張ろうとそれしか考えていなかったです。(高い演技構成点について)僕の中では良い部分がないなと感じています。いつもよりはジャッジの方向を向いていたと思いますし、ジャッジにも訴えかけようという気持ちはあったと思います。ただ僕の中では気持ちのほうが前に行っていて、スケートがついてきていないなとか、トランジションのステップが前だとか、けっこうあったと思うので、この点数がこの試合だけではなく、ほかの試合でもコンスタントに出していくことが課題かなと思います。

(目線が上に行っているように見えたが)ステップの方では一生懸命、体を動かしていたと思いますし、それを練習してきたのはあるので、今回は意識して頑張りました。(ファイナルで勝ったというのは)勝ち負けよりも自分がどれだけ成長できるかを重視していましたし、どんな経験をできるかを重点に置いて今回の試合に臨んでいました。今回の勝ちは、たまたまかなと思います。そう僕の中では思っています。SPが良かったからFSでも点数が出たのかなと。この大会はこの大会、ソチ五輪はソチ五輪、全日本選手権は全日本選手権。そのときで全然違ってくると思っています。

(最後のスピンでバランスを崩したが)本当に疲れていました。久しぶりに動けないなと(苦笑)。この感覚はフィンランディア杯以来だったので、もっと体力をつけられるように頑張ります。(2日間落ち着いていたが)とにかく一生懸命やることだけを考えていました。いままでのスケートカナダやフランス杯では本当にパトリック(・チャン)選手のことばかり考えていたというか、どれだけ差があるか、どれだけ点数差があるか、どれくらい頑張れば縮められるかといったことばかりを脳の中で分析しちゃったりしていたんです。無意識の内にですね。それをなくして、今回は一生懸命やることだけを考えていたので、それが良い結果につながったと思います。

(点数が出たときに勝ったときの表情ではなかったが)僕の中ではあの点数が出るとは思っていなくて、正直ちょっと違うかなと。ただそれだけ評価をいただけたので、自分としては期待点と受け取って、またその点数をいろいろな試合で出せるようにしたいと思っています。(カナダに渡ってスケーティング技術はどれだけ成長を感じるか)6分間練習や公式練習で滑ってみて、だいぶ滑れるようにはなっているのかなと。今回の4回転サルコウを失敗したことによる疲労かもしれないですけど、FSの演技はあまりに滑ることができていなかった。練習やフランス杯ではもっと滑れていたので、これからしごかなきゃいけないと思っています。(明日が誕生日だが、19歳の1年間をどう過ごしたい?)やっと18歳の最後の滑りが終わりました。ちょっとホッとしています。課題はいっぱいありますが、また来年に向けて良い点数がでるように、もっと良い演技ができるようにしっかり頑張っていきたいなと思っています」

総括
131206_fig_mf_medal05_600.jpg
フィギュアスケートのグランプリファイナル第2日が6日、福岡マリンメッセで行われ、男子のフリースケーティングでは前日のSP首位の羽生結弦(ANA)が自己ベストを更新する193.41点(技術点102.03点、演技構成点92.38点、、減点1.00点)をマークし、SPとの合計点でも自己ベストを28点更新する293.25点。歴代世界最高得点に2.02点に迫る高得点で、GPファイナル初優勝を成し遂げた。

羽生は冒頭の4回転サルコウで転倒したものの、続く4回転トゥループをきれいに着氷して挽回。その後もトリプルアクセル-3回転トゥループのコンビネーションジャンプなどを次々に成功。出場6選手中ただ1人技術点が100点を超える演技で博多に集ったフィギュアファンを魅了した。


羽生が世界歴代2位の超高得点で初優勝
デイリースポーツ 12月6日(金)22時2分配信

「フィギュアスケートGPファイナル・第2日」(6日、マリンメッセ福岡)
 男子フリープログラムが行われ、前日のショートプログラム(SP)で首位に立っていた羽生結弦(ANA)が、フリーで世界歴代2位となる193・41点をマーク。総合でも世界歴代2位の293・25点。GPファイナル初優勝を達成した。
 世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)はフリーで192・61点の総合280・08点で2位。右すね痛で欠場した高橋大輔に代わって繰り上がり出場となった織田信成(関大大学院)がフリー175・02点、総合255・96点で3位に入った。SPでの失敗で最下位スタートとなった町田樹(関大)はフリーで170・37点を出して巻き返し。総合236・03点で4位となった。
 若きプリンスの勢いは止まらない。万雷の拍手と共に、リンクにひざまずいたフィニッシュポーズから、肩で大きな息を何度も吐き出した。すべてを出し切った羽生につけられたのは、フリー世界歴代2位となる193・41点。「正直、点数は出過ぎかなと思います」と本人も驚きを隠せないほどの高得点をたたき出した。
 羽生は冒頭の4回転ジャンプで転倒。会場にはため息が充満した。だが、そこから持ち直す。その後のジャンプをキッチリと決めるだけでなく、表現力を示す5項目の構成点では、チャンと並んですべての項目で9点台をマーク。終盤のスピンでは4段階グレードで「1」がつくなどスタミナ面での課題も残したものの「順位とかは関係なく、一生懸命スケートを楽しもうと思って臨んだ」という会心の演技。出場したGPシリーズの2大会(スケートカナダ、フランス杯)で後じんを拝したチャンにSP、フリーともに勝利した。
 GPファイナル制覇で、男子は激戦状態となっているソチ五輪の代表権も、ほぼ手中に収めた。「ソチに向けては本当に良い一歩で、条件を満たしていると思う」。7日に19回目の誕生日を迎える羽生にとっては、自らの滑りで、自身に最高のプレゼントを贈った形となった。


羽生、驚きの高得点も…4回転サルコー失敗「悔しいのが本音」
スポニチアネックス 12月6日(金)22時5分配信

 自身への最高のバースデープレゼントだった。7日に19歳の誕生日を迎える羽生結弦がパトリック・チャン(カナダ)の世界歴代最高にあと2・02点と迫る合計293・25点でGPファイナル初優勝。
 演技後はすぐには立ち上がれなかったほど力を出し尽くした4分30秒。自己ベストを30点近く更新した羽生だが「悔しいのが本音。でも点数で評価していただけたので、これをきっかけにもっと強くなりたい」と貪欲だ。
 冒頭の4回転サルコーで転倒したものの、その後はジャンプ、ステップ、スピンとノーミスの演技。技術点は今年のフランス杯でチャンが記録した100.25点を超える102・03点を記録したが、羽生自身は最後まで4回転サルコーの失敗を悔やんだ。
 日本男子のファイナル制覇は昨季の高橋大輔(関大大学院)に続いて2人目。羽生がソチ冬季五輪の代表入りに大きく前進した事実は変わらない。「ソチが決まったのか、決まらないのか分からないけど、また次の試合があるのでショートはもっとよくなるように、フリーでは(4回転)サルコーを決められるように頑張りたい。もっと強い自分になれるように」。18歳最後の日を最高の形で締めくくった福岡で羽生は力強く誓った。


羽生、高得点も「正直ちょっと違う」ギャップに戸惑い=フィギュア
スポーツナビ 12月6日(金)22時45分配信

WS000092.jpg
自己ベスト大幅更新でGPファイナル優勝を飾った羽生だったが、本人には戸惑いも?【撮影:坂本清】
 フィギュアスケートのグランプリファイナル第2日が6日、福岡マリンメッセで行われ、男子のフリースケーティングでは前日のSP首位の羽生結弦(ANA)が自己ベストを更新する193.41点(技術点102.03点、演技構成点92.38点、減点1.00点)をマークし、SPとの合計点でも自己ベストを28点更新する293.25点。歴代世界最高得点に2.02点に迫る高得点で、GPファイナル初優勝を成し遂げた。
 フリー、SPとの合計点ともに自己ベストを大幅に更新する得点をマークしたが、「僕の中では良い部分がないなと感じています。ほかの試合でもコンスタントに出していくことが課題」と語ると、「僕の中ではあの点数が出るとは思っていなくて、正直ちょっと違うかな」と、羽生には自分が感じた演技の内容とジャッジの評価とのギャップに若干の戸惑いがある様子。しかし、「自分としては期待点と受け取って、またその点数をいろいろな試合で出せるようにしたい」と、前向きにとらえると、翌日に控えた19歳の誕生日を前に「また来年に向けて良い点数がでるように、もっと良い演技ができるようにしっかり頑張っていきたい」と、オリンピックイヤーへの目標を語った。
 以下は演技後の羽生のコメント。

■羽生「勝ち負けよりも自分がどれだけ成長できるか」
「本当に一生懸命やろうと考えていました。サルコウの前はいろいろなことを考えていて、どうやったら跳べるか、どういったことを注意するかそういうことばかり考えていたんです。ただあまりにも多くのことを考え過ぎていたので、だからこそトゥループは一生懸命頑張ろうとそれしか考えていなかったです。
(高い演技構成点について)僕の中では良い部分がないなと感じています。いつもよりはジャッジの方向を向いていたと思いますし、ジャッジにも訴えかけようという気持ちはあったと思います。ただ僕の中では気持ちのほうが前に行っていて、スケートがついてきていないなとか、トランジションのステップが前だとか、けっこうあったと思うので、この点数がこの試合だけではなく、ほかの試合でもコンスタントに出していくことが課題かなと思います。
(目線が上に行っているように見えたが)ステップの方では一生懸命、体を動かしていたと思いますし、それを練習してきたのはあるので、今回は意識して頑張りました。
(ファイナルで勝ったというのは?)勝ち負けよりも自分がどれだけ成長できるかを重視していましたし、どんな経験をできるかを重点に置いて今回の試合に臨んでいました。今回の勝ちは、たまたまかなと思います。そう僕の中では思っています。SPが良かったからFSでも点数が出たのかなと。この大会はこの大会、ソチ五輪はソチ五輪、全日本選手権は全日本選手権。そのときで全然違ってくると思っています。
(最後のスピンでバランスを崩したが)本当に疲れていました。久しぶりに動けないなと(苦笑)。この感覚はフィンランディア杯以来だったので、もっと体力をつけられるように頑張ります。
(2日間落ち着いていたが)とにかく一生懸命やることだけを考えていました。いままでのスケートカナダやフランス杯では本当にパトリック(・チャン)選手のことばかり考えていたというか、どれだけ差があるか、どれだけ点数差があるか、どれくらい頑張れば縮められるかといったことばかりを脳の中で分析しちゃったりしていたんです。無意識の内にですね。それをなくして、今回は一生懸命やることだけを考えていたので、それが良い結果につながったと思います。
(点数が出たときに勝ったときの表情ではなかったが)僕の中ではあの点数が出るとは思っていなくて、正直ちょっと違うかなと。ただそれだけ評価をいただけたので、自分としては期待点と受け取って、またその点数をいろいろな試合で出せるようにしたいと思っています。
(カナダに渡ってスケーティング技術はどれだけ成長を感じるか)6分間練習や公式練習で滑ってみて、だいぶ滑れるようにはなっているのかなと。今回の4回転サルコウを失敗したことによる疲労かもしれないですけど、FSの演技はあまりに滑ることができていなかった。練習やフランス杯ではもっと滑れていたので、これからしごかなきゃいけないと思っています。
(明日が誕生日だが、19歳の1年間をどう過ごしたい?)やっと18歳の最後の滑りが終わりました。ちょっとホッとしています。課題はいっぱいありますが、また来年に向けて良い点数がでるように、もっと良い演技ができるようにしっかり頑張っていきたいなと思っています」


WS000090.jpgWS000091.jpg
WS000093.jpg


なにはともあれ よかったっ おめでとうっ
進化を続ける 羽生くんのこれからに 目が離せませんっ

4回転サルコウは ソチまでの楽しみにっ あっ その前に全日本・・・

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 速報⑦

始まるのかと思いきや
まさかの 高橋大輔の 思い出話・・・


6:パトリック・チャン(カナダ)
パトリック・チャン(カナダ)が登場。
今季はスケートカナダ優勝、エリック・ボンパール杯優勝。
エリック・ボンパール杯では、驚異の295.27点で歴代最高得点を更新した。
最初の4回転トゥループ-トリプルトゥループは決め、続くトリプルアクセルではバランスを崩し手を付いたが転倒は回避した。最後のトリプルルッツはダブルになってステップアウト。ミスが続き残念そうな表情。場内もざわつく。
SP得点は、87.47点(技術点42.79点、演技構成点44.68点)。
チャンはSP2位からのスタート。


まさかの パトリック・チャン

ということで
WS000089.jpg

男子ショートが滑り終わっても 放送しない 生放送って

フランス大会の 羽生くんもいいけど
快心の 99.84の演技を 見せてくれぇ~~~


フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 速報⑥

町田樹くんも 滑り終わりました


5:町田樹(日本)
町田樹(日本)が登場。
今季はスケートアメリカ優勝、ロシア杯優勝とGP2連勝で、2年連続でファイナル進出を決めた。
最初の4回転-3回転のコンビは、1つ目でステップアウトしダブルトゥループの単発に。続くトリプルアクセルは柔らかく跳び上がり、着氷後にややぐらつくもこらえた。最後のトリプルルッツにダブルトゥループをつけてなんとかコンビネーションを入れた。
SP得点は、65.66点(技術点26.52点、演技構成点40.14点、減点1点)。
暫定5位。


パトリック・チャンが滑り始めても
テレビじゃ やっと 男子ショート 始まるのかもっ というとこ

テレビ朝日に 抗議の電話でも かけようかかなっ と思う

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 速報⑤

羽生くんの 演技が終わりましたっ


4:羽生結弦(日本)
羽生結弦(日本)が登場。
今季はフィンランディア杯優勝、スケートカナダ2位、エリック・ボンパール杯2位。
エリック・ボンパール杯SPでは、自己ベストを95.37点に更新している。
最初の4回転トゥループは丁寧に跳び上がり、柔らかに着氷。ぐんぐんスピードをつけて跳んだトリプルアクセルもスムーズに着氷させた。トリプルルッツ-トリプルトゥループのコンビも跳びきった。ステップで、片足を伸ばす“決め”の場面はややぐらついたが、疲れが見えるなか最後までプログラムを滑りきった。
会場はスタンディングオベーション。ステップの場面から始まった手拍子が、最後まで止まらなかった。
リンクサイドで見守ったオーサーコーチは、コンビを跳びきったあと思わずガッツポーズ。
SP得点は、99.84点(技術点54.52点、演技構成点45.32点)。
暫定トップ。
世界最高得点を更新。131205_ms04.jpg



テレビで どうして今 真央ちゃんの集大成をやってるのかっ
せっかくの 福岡なのに・・・ 時差ないのに・・・

快心の滑りだったみたいですねっ

とりあえず ホッっとしたとこで
羽生くんの滑り 早く テレビでやっとくれっ

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 速報④


羽生くん 登場したみたいですっ


3:マキシム・コフトン(ロシア)
マキシム・コフトン(ロシア)が登場。今季は中国杯2位、ロシア杯2位。
今季はショート2本、フリー3本の4回転を入れる演技構成に挑戦している。
最初の4回転サルコウはステップアウトしてコンビにできず。2つめのジャンプ、審判席前での4回転トゥループは勢いなく転倒。トリプルアクセルはパンクしてシングルに。スピン、ステップも勢いがなく、高難度の構成も不本意な出来に。
SP得点は、68.92点(技術点31.42点、演技構成点38.50点、減点1点)。
暫定3位。


とりあえず ライブで祈るっ

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 速報③

テレビ朝日は どうも ライブで男子ショートを放送するつもりないなっ


2:閻涵(中国)
中国の17歳、閻涵(ハン・ヤン)が登場。
今季は中国杯優勝、エリック・ボンパール杯4位。
最初のトリプルアクセルは流れるように着氷。続く4回転トゥループは転倒。腕をきれいにのばしてのスピン。トリプルルッツ-トリプルトゥループは、1つ目の着氷が詰まり気味になるも着氷。ステップでは軽快なスケーティングを見せた。スピード感あるスケーティングを見せるも、大技での転倒に残念そうな表情。
SP得点は、77.75点(技術点39.82点、演技構成点38.93点、減点1点)。
暫定2位。


3番手の マキシム・コフトンの演技が始まったのに・・・
全く 放送する気なしなのは どうっ

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 速報②

織田信成さんは すでに登場して 滑り終わりました
テレビ放送は 後追いですかねぇ


1:織田信成(日本)
今季はネーベルホルン杯優勝、スケートカナダ3位、NHK杯2位。
最初の4回転トゥループは転倒して単発のジャンプに。トリプルアクセルは高さがありながらランディングもスムーズ。続くトリプルルッツにトリプルトゥループをつけてコンビネーションにした。生き生きとしたステップで会場を沸かせて演技を終えた。
演技後、悔しそうな表情を見せた織田。それでも、織田らしいプログラムに沸いた観客からは、たくさんの花束がリンクに投げ込まれた。
SP得点は、80.94点(技術点41.76点、演技構成点40.18点、減点1点)。


羽生くんは ライブで滑りを見たいっ

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 速報①

6分間練習がスタート したみたいですっ

織田は第1滑走で登場 羽生は4番手 町田は5番手で登場

テレビ放送は 6時53分からですねぇ

6分間練習から 見たいもんだぁ

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 ^m^

18:40からぁ~ はじまりますよぉ
フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013


滑走順・演技構成予定
1:織田信成(日本) 4T+3T/3A/CCSp/3Lz/FSSp/StSq/CCoSp
2:閻涵(中国) 3A/4T/FCSp/CSSp/3Lz+3T/StSq/CCoSp
3:マキシム・コフトン(ロシア) 4S+3T/4T/3A/CCoSp/StSq/CSSp/FUSp
4:羽生結弦(日本) 4T/FCSp/CSSp/3A/3Lz+3T/StSq/CCoSp
5:町田樹(日本) 4T+3T/3A/CCSp/FSSp/3Lz/StSq/CCoSp
6:パトリック・チャン(カナダ) 4T+3T/3A/CCSp/3Lz/FSSp/StSq/CCoSp

見どころ
男子ショートプログラムには、日本から町田樹(関大)、羽生結弦(ANA)、織田信成(関大大学院)の3人が出場する。
羽生のSPは昨季世界最高得点を2度更新した『パリの散歩道』。今季もエリック・ボンパール杯でスコアを更新した。GPは2大会ともチャンに敗れたものの、各エレメンツをしっかり決めて、トップを狙いたい。
(スポーツナビから)



いやぁ~ ほんと 福岡に行きたかった
仕事が 憎々しいぃぃぃ

まっ 気を取り直して ライブで 羽生くんの滑りが見れるので楽しみっ
今日のショートは きちっと決めてくれるはずっ
明日のフリーにつながる 快心の滑りをっ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。