スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

陸亀を調べてみよぉ~!(^^)!

小兄の ひつこい リクエストで しぶしぶ 陸亀を 調べてみることに
IMG_3121.jpg
ペットショップ にいた 陸亀 は 3種類
解説は カメ・リクガメ飼育マニュアル から お借りしています


TS3C0174_20100119232417.jpg
学名:Geochelone_pardalis
甲長:70cm 飼育難易度★★★☆☆ 入手難易度★★☆☆☆ 運動量★★★★☆
分布:中央アフリカ~南アフリカ 適正温度:20℃~30℃ 価格:2万円~5万円

≪解説≫
この種も模様が綺麗で上手に飼育すれば甲羅がドーム状になり非常に魅力的なカメです。私も飼育経験があるのですが、部屋に放すとエサをねだって体をぶつけてきたりするので、かなり賢いカメだと感じました。冬眠はできませんが比較的寒さには強く丈夫なので飼育は容易な方だと思います。しかし問題は大きさで、最大甲長が70cm以上、成長も早く、食べる量も半端ではないのでエサ代が大変です。最終的には180cm水槽でも手狭になってしまいますので、どんなに汚してもOKのリクガメ専用部屋を用意するぐらいの意気込みがないなら飼うべきではありません。暑さと蒸れに弱いので夏場は注意が必要です。


TS3C0175.jpg
学名:Testudo.horsfieldii 別名:ホルスフィールドリクガメ、ヨツユビリクガメ
甲長:22cm 飼育難易度★★☆☆☆ 入手難易度★★☆☆☆ 運動量★★★☆☆
分布:イラン、アフガニスタン、パキスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、中国(新彊西部)
適正温度:20℃~30℃ 価格:5千円~2万円

≪解説≫
リクガメの中では、丈夫で飼いやすくお手ごろ価格なので入門種には最適です。
寒さにも強く冬眠も出来ますので、地域によっては年間を通して屋外飼育が可能です。
乾燥した環境を好みますので夏場は風通しのよいところで飼育すること。
春~秋は屋外飼育、冬は屋内飼育がベストです。


TS3C0176.jpg
学名:Geochelone_elegans
甲長:30cm 飼育難易度★★★☆☆ 入手難易度★★☆☆☆ 運動量★★★☆☆
分布:インド、パキスタン、スリランカ 適正温度:25℃~35℃ 価格:2万円~10万円

≪解説≫
とてもキレイな模様で魅力的なリクガメですが、神経質な個体が多く決して飼いやすいとは思えません。寒さに弱くすぐに鼻水を垂らします。乾燥した環境も鼻水の原因になるそうなので冬場は何かと気を遣います。夏場は特に問題ありませんが、夜に気温が下がるような時期は保温しないと体調を崩す恐れがあります。カメ自体も決して安価ではないので入門種にはどうかと思いますが、どうしても飼いたい方は少しでも気が強くて元気な個体を探して下さい。また模様も一頭、一頭微妙に違うので、こだわりを持って慌てることなくじっくり吟味すれば素晴らしいホシガメに出会えるかもしれません。


IMG_3116.jpg
ん~ ということは ロシアリクガメ か・・・
IMG_3122.jpg
陸亀 いいかも と 思った あなたっ
レ~ レ~ 小兄 の応援クリックをどうぞbr_decobanner_20100110203355.gif
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。