スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

必死な 3色柴トリオ・・・

久しぶりに晴れた 土曜日
掃き掃除のゴミに 桜の花びらがまじったりして 春日和

久しぶりに おやつ あげよ~かぁ~  (〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆どやっ
P4210590.jpg
P4210592.jpg
P4210596.jpg
P4210597.jpg
P4210606.jpg
P4210611.jpg
必死すぎて エンペ母の 左指 エライ目に あいましたけどっっ

さて フィギュアスケートの国別対抗戦
浅田真央ちゃんと羽生結弦くんが出ないので 結局見ませんでしたけど



フィギュア国別対抗戦 日本初優勝

フィギュアスケートの世界国別対抗戦は最終日の21日、女子シングルのフリーなどが行われ、日本が初優勝を果たしました。

世界国別対抗戦は、世界ランキング上位の6つの国が出場して行われる団体戦で、今回が2回目の開催です。
大会は男女のシングル、アイスダンス、それにペアの4種目の合計で順位を競い、最終日の21日はペアと女子シングルの後半のフリーが行われました。
20日まで首位の日本は、ペアの高橋成美選手とマービン・トラン選手が、ジャンプでミスが出て、前半のショートプログラムから順位を落とし、種目別では3位でした。
一方、女子シングルでは鈴木明子選手がジャンプのミスがありましたが、表現力などが高く評価され、2日間の合計で187.79のポイントで、前半2位から順位を上げ種目別で1位になりました。
もう1人の村上佳菜子選手は6位でした。
この結果、日本は4種目の合計で1位になり、初優勝を果たしました。
2位はアメリカ、3位はカナダでした。
日本チームのキャプテンを務めた高橋大輔選手は「楽しく気持ちよく滑ることができ、優勝に貢献できてうれしい。頼りないキャプテンだったが、支えてくれたチームメートにありがとうと言いたい」と話していました。
また、女子シングルの種目別で1位だった鈴木明子選手は「一番になろうと強い気持ちを持って臨んだ大会だったのですごくうれしい。自分の演技はよいものではなかったが、優勝に貢献できてよかった」と話していました。

参考URL:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120421/k10014619021000.html


フィギュア:日本が初優勝 国別対抗戦
毎日新聞 2012年04月21日 20時11分(最終更新 04月21日 21時48分)

フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は21日、東京・国立代々木競技場で女子とペアのフリーがあり、09年に開かれた前回の第1回大会で3位だった日本が合計55点で初優勝を果たした。連覇を目指した米国は53点で2位、3位はカナダだった。
 女子のフリーは、ショートプログラム(SP)2位の鈴木明子(邦和スポーツランド)が120.28点を出し、計187.79点で制した。SP3位の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)はフリー95.84点、計159.62点で6位だった。
 ペアのフリーでは、世界選手権3位の高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組がジャンプでの転倒などが響いて112.64点にとどまり、計177.56点でSPの首位から3位に順位を落とした。SP2位のベラ・バザロワ、ユーリ・ラリオノフ組(ロシア)が1位となった。
 大会には6カ国が参加。各国、男女に各2人、ペアとアイスダンスに各1組が出場し、順位に応じた得点の合計点で争った。14年ソチ五輪では、男女各1人、ペアとアイスダンス各1組が出場する団体戦が正式種目として採用される。
2012 国別対抗

参考URL:http://mainichi.jp/sports/news/20120422k0000m050040000c.html



だそうだっ
高橋成美選手とマービン・トラン選手は 好きだわぁ~


こちら ポチッといただけるとbr_decobanner_20100124162257.gif励みになります
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。