スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

スケートカナダ エキシビション

スケートカナダ 関連の記事 集めてみました


2位羽生、悔しいが上を向く
毎日新聞 10月28日(月)12時43分配信
【セントジョン(カナダ)芳賀竜也】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日、閉幕から一夜明けた日本勢メダリストが当地で取材に応じた。男子2位だった羽生結弦(ゆづる)=ANA=は「悔しいし、つらかったが、フリーを笑って終えられ、今は前を向いている。上に向かって戦っていこうという感覚になっている」と気持ちを切り替えていた。

◇一夜明け会見
自身の直後に滑った覇者、パトリック・チャン(カナダ)の演技はスタンド下のテレビで見て、目の前で4回転ジャンプを二つも決められた。「ジャンプは跳ばないと点数は出ないし、跳ばないといけないもの。だが、表現は競技の枠を超えられる」と、表現面での充実を課題に挙げた。

◇昨季の舞もう一度
この日は、上位選手らによるエキシビションが試合会場で行われた。羽生は、世界選手権で銅メダルに輝いた2011~12年シーズンのショートプログラム「悲愴(ひそう)」を選択した。青みがかった当時の衣装で元気よく舞った。
006.jpg

007.jpg


羽生らがエキシビで華麗な演技
産経新聞 10月28日(月)9時33分配信

【セントジョン(カナダ)=田中充】 フィギュアスケートのスケートカナダで上位選手らによるエキシビションが27日、カナダのセントジョンで行われ、男子で2位の羽生結弦(ANA)が、世界選手権で銅メダルを獲得した一昨季のショートプログラム(SP)で使った曲「悲(ひ)愴(そう)」をブルーのライトに照らされた銀盤で華麗に舞った。

大会から一夜明けた羽生は、SP、フリーともにジャンプのミスで得点が伸び悩んだことに「このままじゃ(五輪シーズンを)戦えない。もっと自分を高めていきたい」とさらなるレベルアップを誓った。


羽生、気持ちは前へ
時事通信 10月28日(月)9時0分配信
【セントジョン(カナダ)時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダに出場した日本選手が27日、カナダ・セントジョンで取材に応じ、4回転ジャンプの失敗など、内容的に不本意だった男子2位の羽生結弦(ANA)は「ものすごく悔しいが、(気持ちは)前に向かっている」と奮起を誓った。
エキシビションも行われ、羽生は2012年世界選手権で3位に入ったショートプログラムの曲で演じ、鈴木と織田も華麗な滑りを披露した。



10/29(火) 19:00-20:54 エキシビション の放送があります
楽しみっ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。