スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013 感動っ^m^

グランプリファイナル 男子フリー
見事っ 羽生くんが 金メダルです 感動っっ

なのに 仕事の飲み会のせいで ライブで感動を味わえなかった 悔しさったらクヤシイデスッ
気を取り直して 関連の記事 集めまくってみました


スポーツナビ
WS000094_20131207001831896.jpg
6:羽生結弦(日本)
131206_fig_mf_hanyu2.jpg
羽生結弦(日本)が登場。SPは99.84点。曲目はニーノ・ロータ 映画『ロミオとジュリエット』より。
冒頭で決めたかった4回転サルコウだが、軸がぶれて転倒。しかし、続く4回転トゥループをきれいに着氷して挽回。3回転フリップを降り、情念のこもったステップとフットチェンジスピンでは拍手が起きる。
中盤に入りトリプルアクセル-3回転トゥループ、さらにトリプルアクセル-2回転トゥループと2連続のコンビネーションジャンプを決める。3回転ループとつなげ、3回転ルッツ-1回転ループ-3回転サルコウも着氷。最後のジャンプの3回転ルッツもきれいに決めると、エンディングへ向かってさらにスケーティングに気持ちを決める羽生。最後はやや疲れが見えたが、場内からは大きな拍手が送られ、「ありがとうございました!」と満足の表情を浮かべてキスアンドクライへ。
FS得点は自己ベストの193.41点(技術点102.03点、演技構成点92.38点、減点1.00点)。
SP、FSの合計も自己ベストを30点近く更新する293.25点!
羽生がGPファイナル初優勝を決めた。

■終盤に疲れ「久しぶりに動けないなと」 スコアは「期待点」
「本当に一生懸命やろうと考えていました。サルコウの前はいろいろなことを考えていて、どうやったら跳べるか、どういったことを注意するかそういうことばかり考えていたんです。ただあまりにも多くのことを考え過ぎていたので、だからこそトゥループは一生懸命頑張ろうとそれしか考えていなかったです。(高い演技構成点について)僕の中では良い部分がないなと感じています。いつもよりはジャッジの方向を向いていたと思いますし、ジャッジにも訴えかけようという気持ちはあったと思います。ただ僕の中では気持ちのほうが前に行っていて、スケートがついてきていないなとか、トランジションのステップが前だとか、けっこうあったと思うので、この点数がこの試合だけではなく、ほかの試合でもコンスタントに出していくことが課題かなと思います。

(目線が上に行っているように見えたが)ステップの方では一生懸命、体を動かしていたと思いますし、それを練習してきたのはあるので、今回は意識して頑張りました。(ファイナルで勝ったというのは)勝ち負けよりも自分がどれだけ成長できるかを重視していましたし、どんな経験をできるかを重点に置いて今回の試合に臨んでいました。今回の勝ちは、たまたまかなと思います。そう僕の中では思っています。SPが良かったからFSでも点数が出たのかなと。この大会はこの大会、ソチ五輪はソチ五輪、全日本選手権は全日本選手権。そのときで全然違ってくると思っています。

(最後のスピンでバランスを崩したが)本当に疲れていました。久しぶりに動けないなと(苦笑)。この感覚はフィンランディア杯以来だったので、もっと体力をつけられるように頑張ります。(2日間落ち着いていたが)とにかく一生懸命やることだけを考えていました。いままでのスケートカナダやフランス杯では本当にパトリック(・チャン)選手のことばかり考えていたというか、どれだけ差があるか、どれだけ点数差があるか、どれくらい頑張れば縮められるかといったことばかりを脳の中で分析しちゃったりしていたんです。無意識の内にですね。それをなくして、今回は一生懸命やることだけを考えていたので、それが良い結果につながったと思います。

(点数が出たときに勝ったときの表情ではなかったが)僕の中ではあの点数が出るとは思っていなくて、正直ちょっと違うかなと。ただそれだけ評価をいただけたので、自分としては期待点と受け取って、またその点数をいろいろな試合で出せるようにしたいと思っています。(カナダに渡ってスケーティング技術はどれだけ成長を感じるか)6分間練習や公式練習で滑ってみて、だいぶ滑れるようにはなっているのかなと。今回の4回転サルコウを失敗したことによる疲労かもしれないですけど、FSの演技はあまりに滑ることができていなかった。練習やフランス杯ではもっと滑れていたので、これからしごかなきゃいけないと思っています。(明日が誕生日だが、19歳の1年間をどう過ごしたい?)やっと18歳の最後の滑りが終わりました。ちょっとホッとしています。課題はいっぱいありますが、また来年に向けて良い点数がでるように、もっと良い演技ができるようにしっかり頑張っていきたいなと思っています」

総括
131206_fig_mf_medal05_600.jpg
フィギュアスケートのグランプリファイナル第2日が6日、福岡マリンメッセで行われ、男子のフリースケーティングでは前日のSP首位の羽生結弦(ANA)が自己ベストを更新する193.41点(技術点102.03点、演技構成点92.38点、、減点1.00点)をマークし、SPとの合計点でも自己ベストを28点更新する293.25点。歴代世界最高得点に2.02点に迫る高得点で、GPファイナル初優勝を成し遂げた。

羽生は冒頭の4回転サルコウで転倒したものの、続く4回転トゥループをきれいに着氷して挽回。その後もトリプルアクセル-3回転トゥループのコンビネーションジャンプなどを次々に成功。出場6選手中ただ1人技術点が100点を超える演技で博多に集ったフィギュアファンを魅了した。


羽生が世界歴代2位の超高得点で初優勝
デイリースポーツ 12月6日(金)22時2分配信

「フィギュアスケートGPファイナル・第2日」(6日、マリンメッセ福岡)
 男子フリープログラムが行われ、前日のショートプログラム(SP)で首位に立っていた羽生結弦(ANA)が、フリーで世界歴代2位となる193・41点をマーク。総合でも世界歴代2位の293・25点。GPファイナル初優勝を達成した。
 世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)はフリーで192・61点の総合280・08点で2位。右すね痛で欠場した高橋大輔に代わって繰り上がり出場となった織田信成(関大大学院)がフリー175・02点、総合255・96点で3位に入った。SPでの失敗で最下位スタートとなった町田樹(関大)はフリーで170・37点を出して巻き返し。総合236・03点で4位となった。
 若きプリンスの勢いは止まらない。万雷の拍手と共に、リンクにひざまずいたフィニッシュポーズから、肩で大きな息を何度も吐き出した。すべてを出し切った羽生につけられたのは、フリー世界歴代2位となる193・41点。「正直、点数は出過ぎかなと思います」と本人も驚きを隠せないほどの高得点をたたき出した。
 羽生は冒頭の4回転ジャンプで転倒。会場にはため息が充満した。だが、そこから持ち直す。その後のジャンプをキッチリと決めるだけでなく、表現力を示す5項目の構成点では、チャンと並んですべての項目で9点台をマーク。終盤のスピンでは4段階グレードで「1」がつくなどスタミナ面での課題も残したものの「順位とかは関係なく、一生懸命スケートを楽しもうと思って臨んだ」という会心の演技。出場したGPシリーズの2大会(スケートカナダ、フランス杯)で後じんを拝したチャンにSP、フリーともに勝利した。
 GPファイナル制覇で、男子は激戦状態となっているソチ五輪の代表権も、ほぼ手中に収めた。「ソチに向けては本当に良い一歩で、条件を満たしていると思う」。7日に19回目の誕生日を迎える羽生にとっては、自らの滑りで、自身に最高のプレゼントを贈った形となった。


羽生、驚きの高得点も…4回転サルコー失敗「悔しいのが本音」
スポニチアネックス 12月6日(金)22時5分配信

 自身への最高のバースデープレゼントだった。7日に19歳の誕生日を迎える羽生結弦がパトリック・チャン(カナダ)の世界歴代最高にあと2・02点と迫る合計293・25点でGPファイナル初優勝。
 演技後はすぐには立ち上がれなかったほど力を出し尽くした4分30秒。自己ベストを30点近く更新した羽生だが「悔しいのが本音。でも点数で評価していただけたので、これをきっかけにもっと強くなりたい」と貪欲だ。
 冒頭の4回転サルコーで転倒したものの、その後はジャンプ、ステップ、スピンとノーミスの演技。技術点は今年のフランス杯でチャンが記録した100.25点を超える102・03点を記録したが、羽生自身は最後まで4回転サルコーの失敗を悔やんだ。
 日本男子のファイナル制覇は昨季の高橋大輔(関大大学院)に続いて2人目。羽生がソチ冬季五輪の代表入りに大きく前進した事実は変わらない。「ソチが決まったのか、決まらないのか分からないけど、また次の試合があるのでショートはもっとよくなるように、フリーでは(4回転)サルコーを決められるように頑張りたい。もっと強い自分になれるように」。18歳最後の日を最高の形で締めくくった福岡で羽生は力強く誓った。


羽生、高得点も「正直ちょっと違う」ギャップに戸惑い=フィギュア
スポーツナビ 12月6日(金)22時45分配信

WS000092.jpg
自己ベスト大幅更新でGPファイナル優勝を飾った羽生だったが、本人には戸惑いも?【撮影:坂本清】
 フィギュアスケートのグランプリファイナル第2日が6日、福岡マリンメッセで行われ、男子のフリースケーティングでは前日のSP首位の羽生結弦(ANA)が自己ベストを更新する193.41点(技術点102.03点、演技構成点92.38点、減点1.00点)をマークし、SPとの合計点でも自己ベストを28点更新する293.25点。歴代世界最高得点に2.02点に迫る高得点で、GPファイナル初優勝を成し遂げた。
 フリー、SPとの合計点ともに自己ベストを大幅に更新する得点をマークしたが、「僕の中では良い部分がないなと感じています。ほかの試合でもコンスタントに出していくことが課題」と語ると、「僕の中ではあの点数が出るとは思っていなくて、正直ちょっと違うかな」と、羽生には自分が感じた演技の内容とジャッジの評価とのギャップに若干の戸惑いがある様子。しかし、「自分としては期待点と受け取って、またその点数をいろいろな試合で出せるようにしたい」と、前向きにとらえると、翌日に控えた19歳の誕生日を前に「また来年に向けて良い点数がでるように、もっと良い演技ができるようにしっかり頑張っていきたい」と、オリンピックイヤーへの目標を語った。
 以下は演技後の羽生のコメント。

■羽生「勝ち負けよりも自分がどれだけ成長できるか」
「本当に一生懸命やろうと考えていました。サルコウの前はいろいろなことを考えていて、どうやったら跳べるか、どういったことを注意するかそういうことばかり考えていたんです。ただあまりにも多くのことを考え過ぎていたので、だからこそトゥループは一生懸命頑張ろうとそれしか考えていなかったです。
(高い演技構成点について)僕の中では良い部分がないなと感じています。いつもよりはジャッジの方向を向いていたと思いますし、ジャッジにも訴えかけようという気持ちはあったと思います。ただ僕の中では気持ちのほうが前に行っていて、スケートがついてきていないなとか、トランジションのステップが前だとか、けっこうあったと思うので、この点数がこの試合だけではなく、ほかの試合でもコンスタントに出していくことが課題かなと思います。
(目線が上に行っているように見えたが)ステップの方では一生懸命、体を動かしていたと思いますし、それを練習してきたのはあるので、今回は意識して頑張りました。
(ファイナルで勝ったというのは?)勝ち負けよりも自分がどれだけ成長できるかを重視していましたし、どんな経験をできるかを重点に置いて今回の試合に臨んでいました。今回の勝ちは、たまたまかなと思います。そう僕の中では思っています。SPが良かったからFSでも点数が出たのかなと。この大会はこの大会、ソチ五輪はソチ五輪、全日本選手権は全日本選手権。そのときで全然違ってくると思っています。
(最後のスピンでバランスを崩したが)本当に疲れていました。久しぶりに動けないなと(苦笑)。この感覚はフィンランディア杯以来だったので、もっと体力をつけられるように頑張ります。
(2日間落ち着いていたが)とにかく一生懸命やることだけを考えていました。いままでのスケートカナダやフランス杯では本当にパトリック(・チャン)選手のことばかり考えていたというか、どれだけ差があるか、どれだけ点数差があるか、どれくらい頑張れば縮められるかといったことばかりを脳の中で分析しちゃったりしていたんです。無意識の内にですね。それをなくして、今回は一生懸命やることだけを考えていたので、それが良い結果につながったと思います。
(点数が出たときに勝ったときの表情ではなかったが)僕の中ではあの点数が出るとは思っていなくて、正直ちょっと違うかなと。ただそれだけ評価をいただけたので、自分としては期待点と受け取って、またその点数をいろいろな試合で出せるようにしたいと思っています。
(カナダに渡ってスケーティング技術はどれだけ成長を感じるか)6分間練習や公式練習で滑ってみて、だいぶ滑れるようにはなっているのかなと。今回の4回転サルコウを失敗したことによる疲労かもしれないですけど、FSの演技はあまりに滑ることができていなかった。練習やフランス杯ではもっと滑れていたので、これからしごかなきゃいけないと思っています。
(明日が誕生日だが、19歳の1年間をどう過ごしたい?)やっと18歳の最後の滑りが終わりました。ちょっとホッとしています。課題はいっぱいありますが、また来年に向けて良い点数がでるように、もっと良い演技ができるようにしっかり頑張っていきたいなと思っています」


WS000090.jpgWS000091.jpg
WS000093.jpg


なにはともあれ よかったっ おめでとうっ
進化を続ける 羽生くんのこれからに 目が離せませんっ

4回転サルコウは ソチまでの楽しみにっ あっ その前に全日本・・・
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。